v2.3

空を飛んだ木 

国際キ-59 一式輸送機

生産国
日本
開発年
1940年
種別
輸送機
名称
国際キ-59 一式輸送機
英文
j-kokusai
本機の写真
内容
大日本帝国陸軍の輸送機。キ番号(試作名称)はキ59。開発・製造は日本国際航空工業。キ-54輸送機型(一式双発高等練習機丙型)の生産が遅れていたために、つなぎとして開発された機体。中距離路線用の双発旅客機として、日本航空工業で開発された寺田TK-3輸送機を基に、強力なエンジンに換装し、胴体を全面的に再設計、1940年に完成しました。主翼は全木製、胴体は鋼管骨組みに合板張りの構造の双発高翼機で、主脚は固定式。主翼を高翼式に取付け、空冷星型9気筒エンジンを装着しました。エンジンナセルに固定脚が付く。人員8名もしくは700kgまでの貨物を搭載可能で、輸送のほか機上作業練習にも使用されました。陸軍向け19機を含む合計59機が生産されました。
17m
長さ
13.4m
重量
2880kg
速度
307km/h
航続距離
800kmKm
構造
木金混合構造の箱型胴体
その他
---
高翼
機関砲
なし
プロベラ数
3翅
エンジン
九八式[ハ-13 甲 空冷星型9気筒 (450馬力)×2
乗員
乗員:3名+乗客8名名
生産数
59機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%BC%8F%E8%BC%B8%E9%80%
http://military.sakura.ne.jp/ac/theresa.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。「世界の軍用機図鑑1521(コスミック出版)」
125/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後