v2.3

空を飛んだ木 

VEF I-16

生産国
ラトビア
開発年
1940年
種別
戦闘機
名称
VEF I-16
英文
VEF_I-16
本機の写真
内容
小型カメラ『ミノックス(Minox GmbH )』で有名なのがラトビアを代表する機械メーカーのVEF社が開発した単座の試作戦闘機。1936年か秋から設計を開始しましたが、チェコ製エンジンの到着を待ったために、原型機の初飛行は1940年春になりました。機体は木製合板張りで、主脚は流線形の覆いを取り付けた固定式。量産型は引き込み式に変更される予定でした。機体とコックピットが別々のユニットとされており、迅速な修理が可能でした。初飛行の際、エンジン不調で不時着し、その修理中にソ連軍が侵攻しました。後にドイツ軍がラトビアに侵攻し、ドイツ軍の管理下で飛行試験が続行されました。結局原型機1機が造られただけに終わっている。
8.23m
長さ
7.3m
重量
1540kg
速度
483km/h
航続距離
805Km
構造
木製合板張り
その他
固定脚
低翼
機関砲
7.62mm機銃×2(胴体内)、20mm機関砲×2(主翼下)
プロベラ数
2翅
エンジン
ヴァルター サジッタI-SR空冷V型12気筒 520馬力×1基
乗員
1名
生産数
1機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/VEF_I-16
http://military.sakura.ne.jp/world/w_vef16.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。「軍用機パーフェクトBOOK(コスミック出版)」「世界の軍用機図鑑1521(コスミック出版)」
122/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後