v2.3

空を飛んだ木 

RWD 17

生産国
ポーランド
開発年
1937年
種別
練習機
名称
RWD 17
英文
RWD-17
本機の写真
内容
ポーランド航空化学防衛協会(LOPP)の初等練習機と実用単座機の間を埋める暫定練習機の求めに応じ、RWD社が1936年より開発を始めた。胴体は鋼管羽布張り、主翼は合板張りの木金混合構造で、直列4気筒空冷エンジンを装着する。1937年8月7日に初飛行。RWD17は2機の製作にとどまったが、1938年6月に空冷星型エンジンに換装し、降着装置を双フロートに交換できるW型が登場、24機が生産されました。ポーランドの飛行クラブと海軍が使用しました。ドイツ軍のポーランド侵攻により、ルーマニアへ脱出した機体もありましましたが、それらは1940年後半まで使われました。
10m
長さ
7.7m
重量
550kg
速度
195km/h
航続距離
680Km
構造
主翼は合板張りの木金混合構造
その他
---
高翼
機関砲
不明
プロベラ数
2翅
エンジン
ヴァルター メジャー4(130馬力)×1
乗員
2名
生産数
24機
動画
参考リンク
https://pl.wikipedia.org/wiki/RWD-17
参考書籍・資料
「世界の軍用機図鑑1521(コスミック出版)」
119/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後