v2.3

空を飛んだ木 

モラン・ソルニエ MS.406

生産国
フランス
開発年
1935年
種別
戦闘機
名称
モラン・ソルニエ MS.406
英文
Morane-Saulnier_M.S.406
本機の写真
内容
モラーヌソルニエ社が設計した戦闘機。1935年8月に初飛行。胴体前部合板とアルミ合金を貼り合わせ、後部は羽布張り。馬力不足に悩まされたがフランス空軍には1064機が引き渡されました。そのうち30機はフィンランドへ輸出しました。この機体は「メルケモラーニ」の名称を付けられ対ソビエト戦に活躍しました。
10.65m
長さ
8.15m
重量
2720kg
速度
486km/h
航続距離
900Km
構造
胴体前部合板とアルミ合金を貼り合わせ、後部は羽布張り。
その他
---
低翼
機関砲
7.5mm機銃×2、20mm機関砲×1
プロベラ数
3翅
エンジン
イスパノスイザ 12Y-31 液冷V型12気筒 860馬力×1基
乗員
1名
生産数
1064機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/MS406_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://military.sakura.ne.jp/world/w_ms406.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。「「世界の傑作軍用機100機/(洋泉社)」「軍用機パーフェクトBOOK(コスミック出版)」  /世界の軍用機図
115/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後