v2.3

空を飛んだ木 

生産国
フランス
開発年
種別
戦闘機
名称
コードロンCR.714シクローヌ
英文
Caudron CR.714
本機の写真
内容
コードロン社によって、1936年に最高速度550 km/hを記録した速度競技機C.561やCR.710、CR.713を元に改良を加え、小型軽量の機体で小馬力エンジンを使用した高速迎撃機を目指した機体。設計主任のリファール技師は木構造レーサーの設計には経験を積んでおり、全木製の機体になりました。生産には容易な機体でした。に細身の華奢な機体に、450 馬力という低出力エンジンを搭載していた割には速度・上昇限度などは優れていたが、当時生産中だった他の戦闘機より性能的に見劣りしたため、発注数は80機程度に減らされてしまった。
8.97m
長さ
8.53m
重量
1400kg
速度
400km/h
航続距離
900Km
構造
全木製の小型軽量
その他
空冷倒立V型
低翼
機関砲
20ミリ機関砲、7.7ミリ機銃×4
プロベラ数
3翅
エンジン
R12R03(450馬力) ルノー12Rol 空冷倒立V型12気筒
乗員
1名
生産数
100機弱機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/CR.714_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://military.sakura.ne.jp/world/w_c714.htm
参考書籍・資料
110/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後