v2.3

空を飛んだ木 

VL ミルスキー  II

生産国
フィンランド
開発年
1941年
種別
戦闘機
名称
VL ミルスキー
英文
VL_Myrsky II
本機の写真
内容
第二次大戦直前、さまざまな戦時予想からフィンランドでは戦闘機の開発を行うことを決定し、VL(国営航空工場)で開発された、フィンランドの国産戦闘機。数を揃えるため安価に製作できる機体の設計を行った。木金混合構造で木製合板張りの主翼、胴体外皮は一部布張りの機体。1941年12月に初飛行を行った。 原型機(ミルスキーI)は重量過多で扱いにくい機体だったため、原型機は3機とも飛行試験中に喪われてしまったが、当局は生産型の発注を行いミルスキーIIの呼称で 47機の生産が行われている。ミルスキーとはフィンランド語で「嵐」の意味
11m
長さ
8.35m
重量
2485kg
速度
529km/h
航続距離
933Km
構造
木金混合構造で木製合板張りの主翼
その他
---
低翼
機関砲
12.7mm機銃×4(原型は12.7mmと7.7mm機銃を計6丁
プロベラ数
3翅
エンジン
プラット&ホイットニー SFA-SCG-3 星形空冷複列14気筒 1,065
乗員
1名
生産数
47機
動画
参考リンク
https://en.wikipedia.org/wiki/VL_Myrsky
http://military.sakura.ne.jp/world/w_myrsky.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。
106/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後