v2.3

空を飛んだ木 

ノースロップ N-9M

生産国
アメリカ
開発年
1942年
種別
実験機
名称
ノースロップ N-9M
英文
Northrop_N-9M
本機の写真
内容
N-9Mは全翼爆撃機ノースロップXB-35爆撃機開発するの基となるデータを収集するためと、乗員訓練のために同機の1/3スケールの機体として製作された空力試験機です。B-2ステルス爆撃機の先駆けと言える全翼機。1942年12月27日に初飛行。機体は木金混合構造で胴体、尾翼を持たない全翼式。引込脚を持ち、エンジンは胴体内に1基内蔵し、チェーンで左右に推進式に取付けた2翅プロペラを駆動する。3機製作されましましたが、1943年5月19日に1号機が墜落したので、さらに1機を製作して補充し、以後3年以上に渡って試験を行なりました。現在は航空博物館で復元され、エアショーなどのイベントで見ることができます。
60 ftm
長さ
17.79 ftm
重量
6,326 lbkg
速度
415km/h
航続距離
500 mileKm
構造
木金混合構造の全翼機
その他
---
全翼
機関砲
なし
プロベラ数
2翅2基
エンジン
メナスコ C6S-4(260馬力)×2
乗員
1名
生産数
4機
動画
参考リンク
https://en.wikipedia.org/wiki/Northrop_N-9M
参考書籍・資料
世界の軍用機図鑑1521
10/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後