v3.04

巨樹名木探訪

テーマメニュー | 1.はじめに | 訪ねた木 | 3.都道府県別リスト | 4.巨樹名木書籍 | 5.推薦巨樹 | 6.撮影機材 | 7.その他

老谷のさしまたのつばき

氷見市内では雪はなかったが、ここは高度が高いせいか40-50センチ雪が積もっていた。 タクシーを下車してから、通常では徒歩10分のところが、雪道を歩くのが、初めて だったこともあり約40分もかかってしまった。革靴だったので、すぐに雪が入って きて靴下がびしょびしょになり、雪がこんなにも冷たいものだとは、それまで知らな かった。しかし、この木を見たとき、つばきとは思えない凄まじい樹形に、寒さ、冷 たさも忘れたほどであった。高さ8メートル、周囲3.4メートルもある太い幹は地 上数メートルで何十本にも枝分かれをしながら重なり、いりくみしている。 また、樹齢800年にもおよぶ、この木にはひとりの女性にまつわる悲しい物語があ るそうだ。
記念物指定
.
住所
富山県氷見市老谷、飯原哲策氏墓地
付近の景色
富山
県内の位置

百万分の一 「Pro Atras98 日本広域 アルプス社」を利用
付近の位置

20万分の一「Pro Atras98 日本広域 アルプス社」を利用
氷見駅から直線距離で23キロ 氷見駅から道路に沿って 氷見駅から徒歩3時間30分  〃     自動車10分  〃     距離24キロ
撮影日、撮影者
1998年 2月24日 中川勝弘撮影
■ 撮影機材
エプソン EP-100
交通
氷見線高岡駅。 この電車に乗り換え氷見駅まで、本数は少ないので注意。 氷見駅からタクシーで30分ほど。 付近に駐車場はありません。