電電公社のDRESS


当時の端末は
1.カナ、英文、数字の表示のみで日本語利用できない
2.ディスプレイがないので、途中まで入力しても、一文字間違えても、最初からやり直さねばならなかった。
3.朝の8時から夜8時までの時間制限があつた。

以上の制限があったも、その性能はすばらしかった。
バクがひとつもなかった。システムダウンは利用した5年間で1度のみ。
計算速度が恐ろしく速い。例としてその日の在庫金額を計算式を入力し、結果を出力させると約1秒でした。
後に導入したオフコンですと約90分かかりましたから、いかにDRESSの処理能力があったかがわかります。
最初に導入した
100A型

通信スピードは
100bps

まったくの電動タイプライターと
いうイメージであつた。
テンキーがなく
早く入力することが出来なかったが
鑽孔デープを利用して
すばやい入力をすることができた。
用紙は80ケタ用のもの
夢にまで見た300Aの端末
当時はそのスピードに
おどろいた。300BPS
テンキーもあり
入力は便利になった。
用紙も現在の応用用紙が
利用できるようになった。

後のオフコン 写真はイメージです。