Foto peringatan 記念写真


記念撮影で指揮を取るワォノさん。
もとプロのカメラマン NikonFバッテリーケースとズーム 50-300mm、ピストルクリップ付きで
動き回っていた人がこのカメラはいかにも頼りなさそう。

 
正面の男性はオビさんで右隣は夫人(夫人はインドネシア館とは当時関係ありません)。私は写っていません。


この時に参加出来なかった、ナナさん、ハルミさんは最終日に会いました。ヒルトンホテルにて
27th (Tuesday)
On last day, Irid arranged for me to meet Nana and Harumi, who hadn't been able to make it to reunion. Caught up with news over lunch at the Hilton. Irid dropped me off at Plaza Sunayan; shopped at Sogo. Took taxi back to Shangrila Hotel (had extended check out to 6 p.m. at extra cost of 20 dollars), showered and left for airport at 5:30 p.m. Again the taxi fare was 10,000 rupia.
27日(火)
帰国の日、イリッドさんが声をかけて同窓会に参加できなかったナナさん、ハルミさんと会うことができました。ヒルトンホテルにて 昼食を兼ねて歓談。イリッドさんにプラザスナヤンに送ってもらう。そごうで買い物。
タクシーでシャングリラホテルに戻りシャワーのあと5時30分に空港へ。
Shangri-la Hotelは20ドルでチェックアウトタイムを6時までにしてもらう。今回もタクシーで10000ルピア。