インドネシア思い出し旅行

万博時代の友人に会う


左から ミチコさん、ラマヤナ氏、ティティさん、鵜尾氏、イリッドさん


左から 私、ラマヤナ氏、ティティさん、ミチコさん、イリッドさん


深夜でしたが、歓待してくださいました。ティティさんの35年前のアルバムを見る。


17th (Saturday)
Took flight SQ985 departing from Kansai International Airport (KIX) at 11 a.m. via Singapore. Arrived at KIX three hours before departure and found it overflowing with people as it was start of the consecutive holidays. Wanted to change money before going through immigration but when line barely moved even after 30 minutes, gave up. Major purpose of trip was the 35th anniversary reunion of friends from the Indonesian Pavilion at Osaka Expo '70. Can hardly contain my excitement. From Japan were Michiko, the interpreter/hostess at the Indonesian Pavilion, Mr.Uo, chauffer to the pavilion head, and myself, but traveling in on different flights. Met up with Mr. Uo in Singapore and boarded SQ162; arrived in Jakarta at 6:20 p.m. While waiting for visa to be processed, met by chance Mr. Mazaki, a member of Daiseikyo.
Irid and Ti Ti were waiting for us at the arrival lounge and we caught up with each other over dinner while waiting for Michiko to arrive by JAL. When she arrived, TiTi took us to her home where we were reunited with her husband, Ramayana, after 35 years. That night checked into Hotel Sari Pan Pacific Jakarta.
17日(土) 関西空港11:00発、シンガポール航空SQ-985で一路シンガポールに発ちました。関西空港には3時間ほど前に到着したのですが、連休の始まりとあって大混雑。搭乗口に入る前に両替に並びましたが、30分並んでも遅々として進みません。ついにあきらめて搭乗口に進みました。今回のインドネシア旅行の主目的のひとつ、35年ぶりの同窓会に胸が躍りました。1970年に大阪千里での日本万国博覧会、インドネシア館の同窓会です。
日本から私と、英語通訳ホステスをしていた、ミチコさん、館長車の運転手をしていた鵜尾さんの3人が参加しました。
鵜尾さんとシンガポールの空港で待ち合わせ、SQ-162にてジャカルタに18:20分到着しました。
入国したあとビザ申請のため並んでいると間崎さん(大青協メンバー) と偶然出会いました。
空港ロビーではイリッドさんティテイさんが私たちを出迎えてくれました。4人てせミチコが到着するまで夕食しながら懇談しました。 JAL便で到着したミチコと合流したあとティティさんの自宅を訪問し、ご主人のラマヤナさんとも35年ぶりに会いました。
当日はジャカルタ サリパンパシフィックHotel Sari Pan Pacific Jakarta で泊まりました。