v2.3
木と聖書 メニュー | 1.木と聖書TOP | 2.いきさつ | 3.樹種別 | 4.植物関係 | 5.木材関係 | 6.文学的表現 | すべての出典箇所

十字架木と聖書

創世記 聖書で最初の木は
すべての木をあなたがたに与えた
すべての木を生えさせた
善悪の知識の木からは取って食べてはならない
園のどんな木からも食べてはならない
ゴフェルの木の箱舟を造りなさい
ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた
モレの樫の木のところまで来た
ヘブロンにあるマムレの樫の木のそばに来て住んだ
アブラムはエモリ人マムレの樫の木のところに住んでいた
主はマムレの樫の木のそばで、アブラハムに現われた
彼女はその子を一本の灌木の下に投げ出し
ベエル・シェバに一本の柳の木を植え
境界線の中にあるどの木も
ヤコブはポプラやアーモンドやすずかけの木の
それでヤコブはそれらをシェケムの近くにある樫の木の下に隠した
その木の名はアロン・バクテと呼ばれた
夢の中で、見ると、私の前に一本のぶどうの木があった
あなたを木につるし、鳥があなたの肉をむしり取って食うでしょう
彼を木につるされました
この地の名産を入れ物に入れそれを贈り物としてあの方のところへ下って行きなさい
彼はそのろばをぶどうの木につなぎ、その雌ろばの子を、良いぶどうの木につなぐ
出エジプト記 エジプト全土にわたって木の器や石の器にも、血があるようになる
野の木もことごとく打ち砕いた
あなたがたの木をみな食い尽くす
緑色は木にも野の草にも少しも残らなかった
主は彼に一本の木を示されたので、モーセはそれを水に投げ入れた
十二の水の泉と七十本のなつめやしの木があった
ぶどう畑も、オリーブ畑も、同様にしなければならない
彼らから受けてよい奉納物は次のものである、アカシヤ
アカシヤ材の箱を作らなければならない
アカシヤ材で棒を作り、それを金でかぶせる
机をアカシヤ材で作らなければならない
棒をアカシヤ材で作り、これに金をかぶせ
幕屋のために、アカシヤ材で、まっすぐに立てる板を作る
アカシヤ材で横木を作る
金をかぶせたアカシヤ材の四本の柱につける
その幕のためにアカシヤ材の柱五本を作り、これに金をかぶせる
祭壇をアカシヤ材で作る
アカシヤ材の棒を作りそれらに青銅をかぶせる
それは、アカシヤ材で作らなければならない
その棒はアカシヤ材で作り、それに金をかぶせる
桂枝を聖所のシェケルで五百シェケル、オリーブ油一ヒン
はめ込みの宝石を彫り、木を彫刻し、あらゆる仕事をするためである
アカシヤ材を持っている者はみな奉仕のすべての仕事のため、それを持って来た
さらに、幕屋のためにアカシヤ材で、まっすぐに立てる板を作った
アカシヤ材で横木を作った
彼は、アカシヤ材で、一つの机を作った
彼は、アカシヤ材で香の壇を作った
彼はアカシヤ材で棒を作り、それに青銅をかぶせた
レビ記 杉の木と緋色の撚り糸とヒソプを取り寄せるよう命じる
祭司はその家をきよめるために小鳥二羽と杉の木と緋色の撚り糸とヒソプを取り
木の器はみな、水で洗われなければならない
またあなたのぶどう畑の実を取り尽くしてはならない
あなたのぶどう畑の落ちた実を集めてはならない
どんな果樹でも植えるとき、その実はまだ割礼のないものとみなさなければならない
美しい木の実、なつめやしの葉と茂り合った木の大枝、また川縁の柳を取り
あなたが手入れをしなかったぶどうの木のぶどうも集めてはならない
あなたがたに雨を与え地は産物を出し畑の木々はその実を結び
あなたがたの地はその産物を出さず、地の木々もその実を結ばないであろう
吹き散らされる木の葉の音にさえ彼らは追い立てられ
こうして地の十分の一は地の産物であっても木の実であってもみな主のものである
民数記
ぶどうの木から生じるものはすべて、種も皮も食べてはならない
そこには木があるか、ないかを調べなさい
畑とぶどう畑を受け継ぐべき財産として私たちに与えてもいない
祭司は杉の木とヒソプと緋色の糸を取り、それを雌牛の焼けている中に投げ入れる
ここは穀物も、いちじくも、ぶどうも、ざくろも育つような所ではない
私たちは、畑もぶどう畑も通りません
私たちは畑にもぶどう畑にも曲がってはいることをせず、井戸の水も飲みません
主が植えたアロエのように水辺の杉の木のように
衣服、皮製品、やぎの毛で作ったもの、木製品はすべてきよめなければならない
エリムには十二の泉と、七十本のなつめやしの木があり、そこに宿営した
人を殺せるほどの木製の器具で人を打って死なせたなら、その者は殺人者である
申命記  かぐこともしない木や石の神々に仕える
あなたが植えなかったぶどう畑とオリーブ畑
ぶどう、いちじく、ざくろの地、オリーブ油と蜜の地
そこで私はアカシヤ材の箱を一つ作り
モレの樫の木の付近にあるではないか
青々と茂ったどの木の下であってもそれをことごとく必ず破壊しなければならない
どんな木のアシェラ像をも立ててはならない
木を切るため隣人といっしょに森にはいり
ぶどう畑を作って、そこからまだ収穫していない者はいないか
その木から取って食べるのはよいが、切り倒してはならない
人が死刑に当たる罪を犯して殺され、あなたがこれを木につるすときは
たまたまあなたが道で木の上または地面に鳥の巣を見つけ
ぶどう畑に二種類の種を蒔いてはならない
隣人のぶどう畑にはいったとき
あなたがオリーブの実を打ち落とすときは、後になってまた枝を打ってはならない
ぶどう畑を作っても、その収穫をすることができない
あなたは、そこで木や石のほかの神々に仕えよう
ぶどう畑を作り、耕しても、あなたはそのぶどう酒を飲むことも、集めることもできない
オリーブの木があっても、あなたは身に油を塗ることができない
こおろぎは、あなたのすべての木と、地の産物とを取り上げてしまう
ヨシュア記 ヨシュアはアイの王を、夕方まで木にかけてさらし
もしもあなたが数の多い民であるなら、ペリジ人やレファイム人の地の森に上って行って
自分で植えなかったぶどう畑とオリ-ブ畑で食べている
主の聖所にある樫の木の下に、それを立てた
士師記 なつめやしの町からアラデの南にあるユダの荒野に上って行って
イスラエルを攻めて打ち破り、彼らはなつめやしの町を占領した
デボラのなつめやしの木の下にいつもすわっていた
樫の木のそばで天幕を張っていた
樫の木の下にすわった
樫の木の下にいる方のところに持って来て、供えた
切り倒したアシェラ像の木で全焼のいけにえをささげよ
アビエゼルのぶどうの収穫よりも、エフライムの取り残した実のほうが
樫の木のところで、アビメレクを王とした
彼らはオリーブの木に言った『私たちの王となってください』
オリーブの木は彼らに言った
ついで、木々はいちじくの木に言った
しかし、いちじくの木は彼らに言った
それから、木々はぶどうの木に言った
しかし、ぶどうの木は彼らに言った
そこで、すべての木がいばらに言った
すると、いばらは木々に言った
レバノンの杉の木を焼き尽くそう
そこで彼らは畑に出て行って、ぶどうを収穫して、踏んだ
また一隊がメオヌニムの樫の木のほうから来る
木の枝を切り、これを持ち上げて、自分の肩に載せ、共にいる民に言った
ルツ記 該当なし
サムエル記第一 その人たちは、その車の木を割り、その雌牛を全焼のいけにえとして主にささげた
あなたがたの畑や、ぶどう畑や、オリーブ畑の良い所を取り上げて、自分の家来たちに与える
タボルの樫の木のところまで来ると、そこでベテルの神のもとに上って行く三人の人に会います
サウルはギブアのはずれの、ミグロンにある、ざくろの木の下にとどまっていた
この地はどこでも、森にはいって行くと、地面に蜜があった
そこでダビデは出て、ハレテの森へ行った
ひとかたまりの干しいちじくと、二ふさの干しぶどうをやると、
それから、その骨を取って、ヤベシュにある柳の木の下に葬り、七日間、断食した
サムエル記第二 そして、ヘブロンの池のほとりで木につるした
ツロの王ヒラムは、ダビデのもとに使者を送り、杉材、大工、石工を送った
彼らのうしろに回って行き、バルサム樹の林の前から彼らに向かえ
なつめやしの菓子一個、干しぶどうの菓子一個を分け与えた
この私が杉材の家に住んでいるのに、神の箱は天幕の中にとどまっています
なぜ、あなたがたはわたしのために杉材の家を建てなかったのか
戦いはエフライムの森で行なわれた
アブシャロムの頭が樫の木に引っ掛かり、彼は宙づりになった
まだ樫の木の真中に引っ掛かったまま生きていたアブシャロムの心臓を突き通した
人々はアブシャロムを取り降ろし、森の中の深い穴に投げ込み
列王記第一  みな、おのおの自分のぶどうの木の下や、いちじくの木の下で安心して住むことができた
彼はレバノンの杉の木から、石垣に生えるヒソプに至るまでの草木について語り
どうか、私のために、レバノンから杉の木を切り出すように命じてください
こうしてヒラムは、ソロモンに杉の木材ともみの木材とを彼の望むだけ与えた
宮を建てるために木材と石材とを準備した
神殿の天井を杉材のたるきと厚板でおおった
なお神殿の床はもみの木の板で張った
内堂の中に二つのオリーブ材のケルビムを作った
なつめやしの木と花模様の彫り物を彫った
オリーブ材のとびらと五角形の戸口の柱で作った
彼はレバノンの森の宮殿を建てた
床の隅々から天井まで杉材を張りつめた
その上には寸法どおりの切り石、高価な石と杉材が使われていた
なつめやしの木を刻み、その周囲には花模様を刻んだ
ソロモンの要請に応じて、杉の木材、もみの木材、および、金をソロモンに用立てたので、
非常に多くのびゃくだんの木材と宝石とをオフィルから運んで来た
王はそれらを、レバノンの森の宮殿に置いた
レバノンの森の宮殿にあった器物もすべて純金であって、銀の物はなかった
王は銀をエルサレムで石のように用い、杉の木を低地のいちじく桑の木のように大量に用いた
その人が樫の木の下にすわっているのを見つけると、
彼らもまた、すべての高い丘の上や青木の下に、
バシャが建築に用いたラマの石材と木材を運び出させた
彼は、えにしだの木の陰にすわり、自分の死を願って言った
イズレエル人ナボテはイズレエルにぶどう畑を持っていた
『金を払うからあなたのぶどう畑を譲ってほしい
「起きて、イズレエル人ナボテが、あなたに売ることを拒んだあのぶどう畑を取り上げなさい
列王記第二  すると、森の中から二頭の雌熊が出て来て、彼らのうち、四十二人の子どもをかき裂いた
すべての良い木を切り倒し、すべての水の源をふさぎ、
すべての水の源をふさぎ、すべての良い木を切り倒した
今は銀を受け、着物を受け、オリーブ畑やぶどう畑、羊や牛、男女の奴隷を受ける時だろうか
ヨルダン川に行きましょうそこからめいめい一本ずつ材木を切り出して、
彼らは、ヨルダン川に着くと、木を切り倒した
彼らはそれを主の宮で働く木工や建築師たち、
「レバノンのあざみが、レバノンの杉に使者を送って、
青々と茂ったすべての木の下で、いけにえをささげ、香をたいた
すべての小高い丘の上や、青々と茂ったどの木の下にも石の柱やアシェラ像を立て、
そうすれば、おまえたちはみな、自分のぶどうと自分のいちじくを食べ、
人の手の細工、木や石にすぎなかったので、滅ぼすことができたのです
そのそびえる杉の木と美しいもみの木を切り倒し、
種を蒔いて刈り入れ、ぶどう畑を作ってその実を食べる
イザヤが、「干しいちじくをひとかたまり、持って来なさい」
木工、建築師、石工に渡し、また宮の修理のための木材や切り石を買わせなさい
歴代誌第一 小麦粉、ぶどう酒、油、乳香、バルサム油の管理を割り当てられた
彼らの骨をヤベシュにある樫の木の下に葬り、七日間、断食した
干しいちじく、干しぶどう、ぶどう酒、油、牛、羊などがたくさん運ばれた
ダビデの王宮を建てるために杉材、石工、大工を送った
彼らには面と向かわず、回って行き、バルサム樹の林の前から彼らに向かえ
なつめやしの菓子、干しぶどうの菓子を分け与えた
そのとき、森の木々も、主の御前で、喜び歌おう
この私が杉材の家に住んでいるのに、主の契約の箱は天幕の下にあります
『なぜ、あなたがたはわたしのために杉材の家を建てなかったのか』
また、杉の木も数えきれないほど用意した
それに、木材と石材も用意したあなたが、これらにもっと加えてほしい
低地にあるオリーブの木といちじく桑の木をつかさどったのは、ゲデル人バアル・ハナン
青銅製品のための青銅、鉄製品のための鉄、木製品のための木、
歴代誌第二 父の住む家を建てるための杉材を送ってくださったように、
それから、私のもとに、杉、もみ、びゃくだんの木材をレバノンから送ってください
金、銀、青銅、鉄、石材、木材の細工を心得、紫、青、白亜麻布、紅などの製造を心得、
お入用なだけレバノンから木材を切り、これをいかだに組んで、
彼らは、主の宮を新しくするために石切り工と木工を、
「レバノンのあざみが、レバノンの杉に使者を送って、
山地や果樹園には農夫やぶどう作りがいた
彼はユダの山地に町々を建て、森林地帯には城塞とやぐらを築いた
青々と茂ったすべての木の下で、いけにえをささげ、香をたいた
彼らの兄弟たちのもと、なつめやしの町エリコに連れて行った
彼らは、木工や建築師たちに渡して、切り石やつなぎ材を買わせ
エズラ記 3章 7節 レバノンから海路、ヤフォに杉材を運ぶためであった
それは大きな石で建てられており、壁には木材が組まれていました
大きな石の層は三段木材の層は一段にするその費用は王家から支払う
ネヘミヤ記 あの町の城壁と、私がはいる家のために、彼が材木を私に与えるようにしてください」
魚の門はセナアの子らが建てた彼らは梁を置き、とびら、かんぬき、横木を取りつけた
彼らは梁を置き、とびら、かんぬき、横木を取りつけた
横木を取りつけ、糞の門までの城壁一千キュビトを修理した
かんぬき、横木を取りつけたまた、王の園のシェラフの池の城壁を、
私たちの畑も、ぶどう畑も、家も抵当に入れなければならない」と言った
学者エズラは、このために作られた木の台の上に立った
「山へ出て行き、オリーブ、野生のオリーブの木、ミルトス、なつめやし、
ぶどう畑、オリーブ畑、および果樹をたくさん手に入れました
あらゆる木の初なりの果実とをみな、毎年、主の宮に携えて来ることに決めた
また、私たちの初物の麦粉と、私たちの奉納物、およびあらゆる木の果実、新しいぶどう酒と油を
レビ人や歌うたいや門衛たちのために定められていた穀物と新しいぶどう酒と油の十分の一、
そして、私は、神の宮の器物を、穀物のささげ物や乳香といっしょに、再びそこに納めた
さらに、ぶどう酒、ぶどうの実、いちじくなど、あらゆる品物を積んで、
ヨブ記 あなたは吹き散らされた木の葉をおどし、かわいたわらを追われるのですか
木には望みがあるたとい切られても、また芽を出し、その若枝は絶えることがない
水分に出会うと芽をふき、苗木のように枝を出す
彼はぶどうの木のようにその未熟の実は振り落とされ、オリーブの木のようにその花は落とされる
神が四方から私を打ち倒すので、私は去って行く神は私の望みを木のように根こそぎにする
飼葉を畑で刈り取り、悪者のぶどう畑をかすめる
彼の割り当ての地は国の中でのろわれる彼はぶどう畑の道のほうに向かわない
、彼はもう思い出されない不正な者は木のように折られてしまう
尾は杉の木のように垂れ、ももの筋はからみ合っている
それは鉄をわらのように、青銅を腐った木のようにみなす
詩篇 その人は、水路のそばに植わった木のようだ
主の声は、杉の木を引き裂くまことに、主はレバノンの杉の木を打ち砕く
主の声は、雌鹿に産みの苦しみをさせ、大森林を裸にする
私は悪者の横暴を見た彼は、おい茂る野性の木のようにはびこっていた
あなたの着物はみな、没薬、アロエ、肉桂(他の書籍ではシナモン)のかおりを放ち、
森のすべての獣は、わたしのもの、千の丘の家畜らも
しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ
森の中で斧を振り上げるかのようです
神は、雹で、彼らのぶどうの木を、いなずまで、彼らのいちじく桑の木を滅ぼされた
あなたは、エジプトから、ぶどうの木を携え出し、国々を追い出して、それを植えられました
林のいのししはこれを食い荒らし、野に群がるものも、これを食べます
正しい者は、なつめやしの木のように栄え、レバノンの杉のように育ちます
野とその中にあるものはみな、喜び勇めそのとき、森の木々もみな、主の御前で、喜び歌おう
主の木々は満ち足りています主の植えたレバノンの杉の木も
あなたがやみを定められると、夜になります夜には、あらゆる森の獣が動きます
主は彼らのぶどうの木と、いちじくの木を打ち、彼らの国の木を砕かれた
畑に種を蒔き、ぶどう畑を作り、豊かな実りを得る
あなたの子らは、あなたの食卓を囲んで、オリーブの木を囲む若木のようだ
その柳の木々に私たちは立琴を掛けた
私たちの息子らが、若いときに、よく育った若木のようになりますように
山々よすべての丘よ実のなる木よすべての杉よ
箴言 知恵は、これを堅く握る者にはいのちの木であるこれをつかんでいる者は幸いである
正しい者の結ぶ実はいのちの木である知恵のある者は人の心をとらえる
期待が長びくと心は病む望みがかなうことは、いのちの木である
穏やかな舌はいのちの木偽りの舌はたましいの破滅
私は、なまけ者の畑と、思慮に欠けている者のぶどう畑のそばを、通った
時宜にかなって語られることばは、銀の彫り物にはめられた金のりんごのようだ
気違いは、燃え木を死の矢として投げるが、
いちじくの木の番人はその実を食う主人の身を守る者は誉れを得る
彼女は畑をよく調べて、それを手に入れ、自分がかせいで、ぶどう畑を作り、
伝道者の書 私は事業を拡張し、邸宅を建て、ぶどう畑を設け
庭と園を造り、そこにあらゆる種類の果樹を植えた
木の茂った森を潤すために池も造った
石を切り出す者は石で傷つき、木を割る者は木で危険にさらされる
木が南風や北風で倒されると、その木は倒れた場所にそのままにある
雅歌 しかし、私は自分のぶどう畑は見張りませんでした
、私にとっては、エン・ゲディのぶどう畑にあるヘンナ樹の花ぶさのようです
私たちの家の梁は杉の木、そのたるきは糸杉です
私の愛する方が若者たちの間におられるのは、林の木の中のりんごの木のようです
干しぶどうの菓子で私を力づけ、りんごで私を元気づけてください
いちじくの木は実をならせ、ぶどうの木は、花をつけてかおりを放つ
私たちのぶどう畑は花盛りだから」
没薬や乳香、貿易商人のあらゆる香料の粉末をくゆらして、
ソロモン王は、レバノンの木で自分のためにみこしを作った
あなたの頬は、顔おおいのうしろにあって、ざくろの片割れのようだ
そよ風が吹き始め、影が消え去るころまでに、私は没薬の山、乳香の丘に行こう
あなたの産み出すものは、最上の実をみのらすざくろの園、ヘンナ樹にナルド、
その頭は純金です髪の毛はなつめやしの枝で、烏のように黒く、
その姿はレバノンのよう杉のようにすばらしい
あなたの頬は、顔おおいのうしろにあって、ざくろの片割れのようだ
私はくるみの木の庭へ下って行きました
あなたの背たけはなつめやしの木のよう、
さあ、私の愛する方よ野に出て行って、ヘンナ樹の花の中で夜を過ごしましょう
香料を混ぜたぶどう酒、ざくろの果汁をあなたに飲ませてあげましょう
私はりんごの木の下であなたの目をさまさせた
彼女が戸であったら、杉の板で囲もう
ソロモンにはバアル・ハモンにぶどう畑があった
イザヤ書 しかし、シオンの娘は残された。あたかもぶどう畑の小屋のように
あなたがたは葉のしぼんだ樫の木のように、水のない園のようになるからだ
高くそびえるレバノンのすべての杉の木と、バシャンのすべての樫の木
そのぶどう畑についてのわが愛の歌を
まことに、万軍の主のぶどう畑はイスラエルの家。
十ツェメドのぶどう畑が一バテを産し、一ホメルの種が一エパを産するからだ
テレビンの木や樫の木が切り倒されるときのように。
すると、王の心も民の心も、林の木々が風で揺らぐように動揺した
あなたは、これら二つの木切れの煙る燃えさし、
その日になると、ぶどう千株のある、銀千枚に値する地所もみな、いばらとおどろのものとなる
いちじく桑の木が切り倒されたから、杉の木でこれに代えよう
そこで、主はイスラエルから、かしらも尾も、なつめやしの葉も葦も、ただ一日で切り取られた
林の茂みに燃えついて、煙となって巻き上がる
それは棒が、それを振り上げる人を動かし、杖が、木でない人を持ち上げるようなものではないか
主はその美しい林も、果樹園も、また、たましいも、からだも滅ぼし尽くす。
主は林の茂みを斧で切り落とし、レバノンは力強い方によって倒される。
もみの木も、レバノンの杉も、あなたのことを喜んで、言う。
喜びと楽しみは果樹園から取り去られ、
オリーブを打ち落とすときのように、取り残された実がその中に残される。
それで、あなたは好ましい植木を植え、他国のぶどうのつるをさす。
刈り入れ前につぼみが開き、花ぶさが育って、酸いぶどうになるとき、
それで、頭も尾も、なつめやしの葉も葦も、エジプト人のために、なすべきわざがない。
アラビヤに対する宣告。デダン人の隊商よ。アラビヤの林に宿れ。
こうしてユダのおおいは除かれ、その日、おまえは森の宮殿の武器に目を向けた。
新しいぶどう酒は嘆き悲しみ、ぶどうの木はしおれ、心楽しむ者はみな、ため息をつく。
それは、世界の真中で、国々の民の間で、オリーブの木を打つときのように、
その日、麗しいぶどう畑、これについて歌え。
子牛はそこで草をはみ、そこに伏して、木の枝を食い尽くす
、夏前の初なりのいちじくの実のようになる。
レバノンは果樹園に変わり、果樹園は森とみなされるようになる。
ぶどうの収穫がなくなり、その取り入れもできなくなるからだ
胸を打って嘆け。麗しい畑、実りの多いぶどうの木のために。
公正は荒野に宿り、義は果樹園に住む。
――雹が降ってあの森を倒し、あの町は全く卑しめられる。――
ぶどうの木から葉が枯れ落ちるように。いちじくの木から葉が枯れ落ちるように。
自分のぶどうと自分のいちじくを食べ、
人の手の細工、木や石にすぎなかったので、滅ぼすことができたのです。
そのそびえる杉の木と、美しいもみの木を切り倒し、
三年目は、種を蒔いて刈り入れ、ぶどう畑を作ってその実を食べる。
ひとかたまりの干しいちじくを持って来させ、腫物の上に塗りつけなさい。
貧しい者は、奉納物として、朽ちない木を選び、巧みな細工人を捜して、
わたしは荒野の中に杉や、アカシヤ、ミルトス、オリーブの木を植え、
彼らの横木をみな突き落とし、カルデヤ人を喜び歌っている船から突き落とす。
あなたに苦労をさせず、乳香のことであなたを煩わせもしなかった。
彼らは、流れのほとりの柳の木のように、青草の間に芽生える。
月桂樹(を植えると、大雨が育てる。
その残りで忌みきらうべき物を造り、木の切れ端の前にひれ伏すのだろうか
喜びの歌声をあげよ。林とそのすべての木も。
木の偶像をになう者、救えもしない神に祈る者らは、何も知らない
いばらの代わりにもみの木が生え、おどろの代わりにミルトスが生える。
宦官も言ってはならない。「ああ、私は枯れ木だ。」と。
野のすべての獣、林の中のすべての獣よ。食べに来い。
あなたがたは、樫の木の間や、すべての生い茂る木の下で、身を焦がし、
これらシェバから来るものはみな、金と乳香を携えて来て、主の奇しいみわざを宣べ伝える。
レバノンの栄光は、もみの木、すずかけ、檜も、共に、あなたのもとに来て、
わたしは青銅の代わりに金を運び入れ、鉄の代わりに銀、木の代わりに青銅、
彼らは、義の樫の木、栄光を現わす主の植木と呼ばれよう。
外国人が、あなたがたの農夫となり、ぶどう作りとなる。
主をほめたたえ、ぶどうを取り集めた者が、わたしの聖所の庭で、それを飲む。」
私たちはみな、木の葉のように枯れ、私たちの咎は風のように私たちを吹き上げます。
「ぶどうのふさの中に甘い汁があるのを見れば、
彼らは家を建てて住み、ぶどう畑を作って、その実を食べる。
乳香をささげる者は、偶像をほめたたえる者。
エレミヤ書 すべての高い丘の上や、すべての青々とした木の下で、寝そべって淫行を行なっている
彼らは木に向かっては、『あなたは私の父
彼女はすべての高い山の上、すべての茂った木の下に行って、そこで淫行を行なった
彼女は、自分の淫行を軽く見て、国を汚し、石や木と姦通した
主にそむいて、すべての茂った木の下で
私が見ると、見よ、果樹園は荒野となり、町々は主によって
それゆえ、森の獅子が彼らを殺し、荒れた地の狼が彼らを荒らす
ぶどう畑の石垣に上って滅ぼせ。しかし、ことごとく滅ぼしてはならない
あなたの羊の群れと牛の群れを食らい、あなたのぶどうと、いちじくを食らい
「木を切って、エルサレムに対して塁を築け
「ぶどうの残りを摘むように、イスラエルの残りの者をすっかり摘み取れ
何のため、シェバから乳香や、遠い国からかおりの良い菖蒲がわたしのところに来るのか
家畜と、畑の木と、地の産物とに注がれ、それは燃えて、消えることがない。
ぶどうの木にはぶどうがなく、いちじくの木にはいちじくがなく、葉はしおれている
乳香はギルアデにないのか。医者はそこにいないのか。
林から切り出された木、木工が、なたで造った物にすぎない
むなしい神々の戒め――それは木にすぎない
良い実をみのらせる美しい緑のオリーブの木
木を実とともに滅ぼそう。
あなたは平穏な地で安心して過ごしているのに、どうしてヨルダンの密林で過ごせよう
私の相続地は、私にとって、林の中の獅子のようだ
私のぶどう畑を荒らし、私の地所を踏みつけ、私の慕う地所を、恐怖の荒野にした
高い丘の茂った木のほとりにあるアシェラ像を覚えているほどだ
そのような者は荒地のむろの木(のように、しあわせが訪れても会うことはなく
その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし
穀物のささげ物や乳香を携えて来る者、感謝のいけにえを携えて来る者が、主の宮に来る
また、わたしは、その林に火をつける。火はその周辺をことごとく焼き尽くす。
彼らは、最も美しいあなたの杉の木を切り倒し、これを火に投げ入れる
あなたは杉の木で競って、王になるのか
レバノンの中に住み、杉の木の中に巣ごもりする女よ
見ると、主の宮の前に、二かごのいちじくが置かれている
イスラエルの神、主は、こう仰せられる。この良いいちじくのように
しかし、悪くて食べられないあの悪いいちじくのように、――まことに主はこう仰せられる
シオンは畑のように耕され、エルサレムは廃墟となり、この宮の山は森の丘となる
あなたは木のかせを砕いたが、その代わりに、鉄のかせを作ることになる
彼らを悪くて食べられない割れたいちじくのようにする
再びあなたはサマリヤの山々にぶどう畑を作り
父が酸いぶどうを食べたので、子どもの歯が浮く
だれでも、酸いぶどうを食べる者は歯が浮くのだ
再びこの国で、家や、畑や、ぶどう畑が買われるようになるのだ
あなたがたは家を建てたり種を蒔いたりぶどう畑を作ったりまた所有したりしてはならない
住む家も建てず、ぶどう畑も、畑も、種も持ちません
衣を裂き、身に傷をつけ、手に穀物のささげ物や乳香を持って
おとめエジプトの娘よ。ギルアデに上って乳香を取れ。多くの薬を使ってもむなしい
彼らはその森を切り倒す。――主の御告げ
シブマのぶどうの木よ。ヤゼルの涙にまさって私はおまえのために泣く
ぶどうを収穫する者たちが、あなたのところに来るなら、彼らは取り残しの実を残さない
見よ。獅子がヨルダンの密林から水の絶えず流れる牧場に上って来るように
見よ。獅子がヨルダンの密林から水の絶えず流れる牧場に上って来るように
このために泣きわめけ。その痛みのために乳香を取れ
しかし、侍従長ネブザルアダンは、国の貧民の一部を残し、ぶどう作りと農夫とにした
回りには九十六のざくろがあり、回りの網細工の上には全部で百のざくろがあった
哀歌 彼らの皮膚は干からびて骨につき、かわいて枯れ木のようになった。
エゼキエル書 すべての青木の下や、すべての茂った樫の木の下
彼らはぶどうのつるを自分たちの鼻にさしている。
人の子よ。ぶどうの木は、森の木立ちの間にあって、
森の木立の間のぶどうの木のように、火に投げ入れてしまう。
レバノンに飛んで来て、杉のこずえを取り、
それは生長し、たけは低いが、よくはびこるぶどうの木となった。
わたしは、高い杉のこずえを取り、そのうちから、柔らかい若枝の先を摘み取り、
『父が酸いぶどうを食べたので、子どもの歯が浮く。』という
あなたの母は、まさしく、水のほとりに植えられたぶどうの木のようだった。
高い丘や茂った木を見ると、どこででも、いけにえをささげ、
私たちは木や石を拝んでいる異邦の民、国々の諸族のようになろう。
顔を右のほうに向け、南に向かって語りかけ、ネゲブの野の森に向かって預言し
住みごこちのよい家は取りこわされ、石や、木や、ちりまでも、水の中に投げ込まれる
レバノンの杉を使って、おまえの帆柱を作った。
彼らは象牙と黒檀とをおまえにみつぎとして持って来た
いちじく、蜜、香油、乳香を、おまえの商品と交換した
その商品の中には、ウザルからの銑鉄、桂枝、菖蒲があった
彼らはそこに安らかに住み、家々を建て、ぶどう畑を作る
アッシリヤはレバノンの杉。美しい枝、茂った木陰
神の園の杉の木も、これとは比べ物にならない。
すべて、水に潤う木が高ぶってそびえ立たないためである。
エデンの木のうち、その栄えと偉大さで、あなたはどれに似ているだろうか。
彼らは安心して荒野に住み、森の中で眠る。
野の木は実をみのらせ、地は産物を生じ、彼らは安心して自分たちの土地にいるようになる
わたしは木の実と畑の産物をふやす。それであなたがたは、
荒れ果てていた所に木を植えたことを知るようになる。
彼らは野から木を取り、森からたきぎを集める必要はない。
内側の回りには窓があり、壁柱には、なつめやしの木が彫刻してあった。
その窓も玄関の間もなつめやしの木の彫刻も、東向きの門と同じ寸法であった。
その両側の壁柱には、なつめやしの木が彫刻してあった。
その壁柱にはなつめやしの木が彫刻してあった。
両側の壁柱にはなつめやしの木が彫刻してあった。
両側の壁柱にはなつめやしの木が彫刻してあった。
ケルビムと、なつめやしの木とが彫刻してあった。
それは木の祭壇のようであり、高さは三キュビト、長さは二キュビトで、
壁に彫刻されていたのと同じようなケルビムとなつめやしの木が彫刻してあった。
私が帰って来て見ると、川の両岸に非常に多くの木があった。
川のほとり、その両岸には、あらゆる果樹が生長し
ダニエル書 私の寝床で頭に浮かんだ幻、私の見た幻はこうだ。見ると、地の中央に木があった。
『その木を切り倒し、枝を切り払え。その葉を振り落とし、実を投げ散らせ。
あなたがご覧になった木、すなわち、生長して強くなり、その高さは天に届いて、地のどこからも見え、
ただし、木の根株は残しておけと命じられていますから、
彼らはぶどう酒を飲み、金、銀、青銅、鉄、木、石の神々を賛美した。
あなたは、見ることも、聞くことも、知ることもできない銀、金、青銅、鉄、木
ホセア書 と言っていた彼女のぶどうの木と、いちじくの木とを荒れすたらせ、
わたしはその所を彼女のためにぶどう畑にし、アコルの谷を望みの門としよう
干しぶどうの菓子を愛しているイスラエルの人々を主が愛しておられるように。
わたしの民は木に伺いを立て、その杖は彼らに事を告げる。
あなたがたの先祖を、いちじくの木の初なりの実のように見ていた
イスラエルは多くの実を結ぶよく茂ったぶどうの木であった。
彼はゆりのように花咲き、ポプラのように根を張る。
ヨエル書 それはわたしのぶどうの木を荒れすたれさせ、わたしのいちじくの木を引き裂き
ぶどうの木は枯れ、いちじくの木はしおれ、
炎が野のすべての木をなめ尽くしました
木はその実をみのらせ、いちじくの木と、ぶどうの木とは豊かにみのる
アモス書 彼らの背たけは杉の木のように高く、樫の木のように強かった。
獅子は、獲物がないのに、森の中でほえるだろうか。
いちじくの木とオリーブの木がふえても、かみつくいなごが食い荒らした。
美しいぶどう畑を作っても、その酒を飲めない。
すべてのぶどう畑に嘆きが起こる。
私は牧者であり、いちじく桑の木を栽培していた。
ぶどう畑を作って、そのぶどう酒を飲み、果樹園を作って、その実を食べる
オバデヤ書 ぶどうを収穫する者があなたのところに来るなら、彼らは取り残しの実を残さないだろうか
ヨナ書 該当なし
ミカ書 わたしはサマリヤを野原の廃虚とし、ぶどうを植える畑とする
エルサレムは廃虚となり、この宮の山は森の丘となる。
おのおの自分のぶどうの木の下や、いちじくの木の下にすわり、彼らを脅かす者はいない
森の獣の中の獅子、羊の群れの中の若い獅子のようだ。
ぶどうの取り残しの実を取り入れる者のようになった。
彼らは林の中、果樹園の中に、ひとり離れて住んでいます。
ナホム書 かすめる者が彼らをかすめ、彼らのぶどうのつるをそこなったからだ
あなたのすべての要塞は、初なりのいちじくを持ついちじくの木。
ハバクク書 木に向かって目をさませと言い、黙っている石に向かって起きろと言う者よ。
いちじくの木は花を咲かせずぶどうの木は実をみのらせずオリ-ブの木も実りがなく
ゼパニヤ書 主が、杉でつくったこの町をあばかれたからだ。
ハガイ書1章 山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。
ぶどうの木、いちじくの木、ざくろの木、オリ-ブの木は、まだ実を結ばないだろうか
ゼカリヤ書  その人は谷底にあるミルトスの木の間に立っていた。
ミルトスの木の間に立っていた人が答えて言った。
ぶどうの木の下といちじくの木の下に招き合うであろう。
そのそばには二本のオリ-ブの木があり、一本はこの鉢の右に他の一本はその左にあります
燭台の右左にある、この二本のオリ-ブの木は何ですか。
ぶどうの木は実を結び、地は産物を出し、天は露を降らすからだ。
レバノンよ。おまえの門をあけよ。火が、おまえの杉の木を焼き尽くそう。
マラキ書 あなたがたの土地の産物を滅ぼさないようにし、畑のぶどうの木が不作とならないようにする
マタイ そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた
だから、良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。
ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。
木が良ければ、その実も良いとし、木が悪ければその実も悪いとしなさい。
空の鳥が来て、その枝に巣を作るほどの木になります。」
わたしの天の父がお植えにならなかった木は、みな根こそぎにされます。
自分のぶどう園で働く労務者を雇いに朝早く出かけた主人のようなものです。
あなたがたも、ぶどう園に行きなさい。相当のものを上げるから。
『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい。』
また、ほかの人々は、木の枝を切って来て、道に敷いた。
すると、たちまちいちじくの木は枯れた。
『きょう、ぶどう園に行って働いてくれ。』と言った。
彼はぶどう園を造って、垣を巡らし、その中に酒ぶねを掘り、
そして、彼をつかまえて、ぶどう園の外に追い出して殺してしまった。
いちじくの木から、たとえを学びなさい。
あなたがたと新しく飲むその日までは、わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。
マルコ  「人が見えます。木のようですが、歩いているのが見えます。」と言った。
またほかの人々は、木の葉を枝ごと野原から切って来て、道に敷いた。
いちじくのなる季節ではなかったからである。
朝早く、通りがかりに見ると、いちじくの木が根まで枯れていた。
ある人がぶどう園を造って、垣を巡らし、酒ぶねを掘り、。
そして、彼をつかまえて殺してしまい、ぶどう園の外に投げ捨てた。
いちじくの木から、たとえを学びなさい。
わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」
ルカ  良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。
悪い実を結ぶ良い木はないし、良い実を結ぶ悪い木もありません。
ある人が、ぶどう園にいちじくの木を植えておいた。
木の回りを掘って、肥やしをやってみますから。
それを取って庭に蒔いたところ、生長して木になり、空の鳥が枝に巣を作りました。」
この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ。』と言えば、
イエスを見るために、前方に走り出て、いちじく桑の木に登った。
ある人がぶどう園を造り、それを農夫たちに貸して、長い旅に出た。
ぶどう園の主人は言った。『どうしたものか。よし、愛する息子を送ろう。
彼をぶどう園の外に追い出して、殺してしまった。
「いちじくの木や、すべての木を見なさい。
木の芽が出ると、それを見て夏の近いことがわかります。
わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」
彼らが生木にこのようなことをするのなら、枯れ木には、いったい、何が起こるでしょう
ヨハネ  あなたがいちじくの木の下にいるのを見たのです。」
イエスは答えて言われた。「あなたがいちじくの木の下にいるのを見た
しゅろの木の枝を取って、出迎えのために出て行った。
わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。
枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。
使徒 人々はこの方を木にかけて殺しました。
ローマ 野生種のオリーブであるあなたがその枝に混じってつがれ、
もし神が台木の枝を惜しまれなかったとすれば、あなたをも惜しまれないでしょう
もしあなたが、野生種であるオリーブの木から切り取られ、
第一コリント  もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、
自分でぶどう園を造りながら、その実を食べない者がいるでしょうか。
ガラテヤ  木にかけられる者はすべてのろわれたものである。
第二テモテ  大きな家には、金や銀の器だけでなく、木や土の器もあります
ヤコブ  あのように小さい火があのような大きい森を燃やします。
いちじくの木がオリーブの実をならせたり、ぶどうの木がいちじくの実をならせたり
ユダ 実を結ばない、枯れに枯れて、根こそぎにされた秋の木
黙示録 勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。
それは、いちじくが、大風に揺られて、青い実を振り落とすようであった。
地の四方の風を堅く押え、地にも海にもどんな木にも、吹きつけないようにしていた。
私たちが神のしもべたちの額に印を押してしまうまで、地にも海にも木にも害を与えてはいけない
そして地上の三分の一が焼け、木の三分の一も焼け、青草が全部焼けてしまった。
そして彼らは、地の草やすべての青草や、すべての木には害を加えないで、
その手のわざを悔い改めないで、悪霊どもや、金、銀、銅、石、木で造られた、
彼らは全地の主の御前にある二本のオリーブの木、また二つの燭台である。
その鋭いかまを入れ、地のぶどうのふさを刈り集めよ。ぶどうはすでに熟しているのだから。」
商品とは、金、銀、宝石、真珠、麻布、紫布、絹、緋布、香木、さまざまの象牙細工、
いのちの木があって、十二種の実がなり、毎月、実ができた。
自分の着物を洗って、いのちの木の実を食べる権利を与えられ、
神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。