1. HOME
  2. 木の情報発信基地Top
  3. 8.樹木
  4. 世界の木 レッドリスト TOP
ID
5164
科名(英語)
LAURACEAE
科名(和名)
クスノキ
学名(属種)

Nectandra rudis

命名者
C. K. Allen
標準和名
---no data---
樹種情報
Damburneya rudis はクスノキ科の植物の一種です。エルサルバドル、グアテマラ、メキシコのチアパス州で発見されています。常緑高木。樹高は最大で30メートルに達し、幹は直径が50センチメートルほどになることがあります。葉は単葉で、長さが8〜25センチメートル、幅が3〜8センチメートルほどで、楕円形から長楕円形に近い形をしています。葉の表面は光沢があり、裏面は白っぽく綿毛状になっています。花は小さく、白色または黄色で、直径が約5ミリメートルほどの球形の集散花序になっています。果実は球形で、直径が1センチメートルほどの黒色の液果で、1つの果実に1つの種子が含まれています。Nectandra rudisは、森林の下層や林縁に生息し、野生動物や鳥類の生息地として重要な役割を果たしています。また、その樹皮や葉、果実などが、薬用植物として利用されることがあります。 
年度(年版)
1994
カテゴリー
VU
その基準
A1c+2c
標準英名
---no data---
標準フランス名
--- no data ---
標準スペイン名
--- no data ---
基準の解説
「絶滅寸前」や「絶滅危機」ではないものの、中期的な将来において、野生絶滅のリスクが高い場合で、分類群は危急「Vulnerable( VU)」とされている生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少、などにおいて 過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも20%の縮小が観察、推定、推論され、あるいは疑われ、 個体群が縮小している。そしてまた、そしてまた、生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少、などで、次の10 年間若しくは3世代、どちらか長い方の期間に、少なくとも20%の縮小が予測あるいは想定される。
ワシントン条約
--- no data ---

▲目次に戻る

創業1911年 
会社概要  
587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13 TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341
お問い合わせ  著作権・サイト関係  サイトマップ  迷子になった場合  V7.1
©1996-2024 NAKAGAWA WOOD INDUSTRY Co., Ltd All Rights Reserved.