v5.6

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪
  4. シンガポール植物園TOP
  5. サガの巨樹 

巨樹名木探訪

シンガポール植物園 サガの巨樹

指定
  ヘリテージツリーに指定。この制度は個人や企業の寄付で支えられている。当初HSBC(香港上海銀行)の寄付で基金が作られた。 
樹種
  サガ Saga (学名 Adenanthera pavonina)、 英名でRed Sandal Wood(紅ビーズの木)、Coral Wood(珊瑚の木)、Peacock Tree(孔雀の木) とも呼ばれています。
大きさ
  高さ20m、幹周り4.8m
住所
シンガポール シンガポール植物園内
解説、案内

The Saga Tree is best known for its brilliant red seeds. From the Middle East to South-East Asia,the seeds were traditionally used as standard weights. The name "saga" may in fact be derived from the Arabic word for a goldsmith - who at one time would have used the seeds to weigh the gold he worked.

サガの木はその見事な赤い種のために最もよく知られています。 南東アジアへの中東から、種は基準分銅として重量の目安として伝統的に使われました。 サガの名前の由来は、 アラビア語で金細工師を意味する言葉に通じると言われています。金細工師たちはこの実を、その仕事に利用していました。というのはこの実はサイズや重さが一定していることから、金の重さを量る単位として使われていました。
また、この実を「ラブ・シード(愛の実)」と呼んでいます。形がハートの形にも似ているので、それを集めて小瓶にしまい、告白代わりに好きな人にプレゼントするのだそうです。 花は、甘い香りでオレンジがかった淡い黄色で、5枚の小さな花びらがあります。小さいものですが、星型をしています。 日本でも沖縄に明治末期に台湾から移入されました。 根に根粒菌を 持っているので、痩せ地の改良のとしての利用目的でした。 木材としては 紅木紫檀 として日本でも知られています。家具、装飾品などに利用され、粉にして赤色の塗料材料にもされます。

撮影日、撮影者
2008年5月18 日 中川 勝弘撮影 nikon8400、その他
その他のシンガポール植物園の巨樹

1.Heritage tree レインツリー

2.Heritage tree 人気のあるテンブス

3.Heritage tree 5ドル紙幣の木

4.Heritage tree 赤い実のサガ

5.Heritage tree 板根が立派なカポック 

6.Heritage tree 樹高が高いターミナリア

7.Heritage tree ボタニセンターのテリハボク

8.倒壊したアルビシアの巨樹

9.リー首相お手植えのマホガニー

交通

大きな地図で見る
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ