558
大廈の顛れんとするは、一木の支うる所にあらず
たいかの たおれんとするは いちぼくのささうるところにあらず
大きい建物が、倒れようとしているときには、とうてい一本の木では支えることができない。
国が滅びかけているときのように、大きなものが衰勢に向かっているときには、いかにすぐれていようと一人ぐらいの力では、とうてい救うことはできないということ。
     
先頭 | 前ページ | 次ページ | 最終頁
中川木材産業のビジネスPRその10   当社設計・施工のウッドデッキの事例その1 ホームページはコチラです。 画像クリックで拡大(公開2018.8.1 更新2019年9月11日 )
..