v2.9

トップページ > 事例紹介 > 1.キットの事例 (フェンス含), キットデッキ(アマゾンジャラ) > No. A104

KitDeck Hard
キットデッキ(アマゾンジャラ)

材質:アマゾンジャラ

本格的なステキなウッドデッキが完成

No. A104

● 設置場所/大分県 Sさん宅
● 組立時間/12時間 (1人)

以前からウッドデッキを設置したいと思っておりホームセンターやエクステリア専門店等を見て回りましたが私が希望するウッドデッキとは少しイメージが異なっていました。WEBでウッドデッキについて検索したら貴社のHPに辿り着き、実際に施工事例等を拝見すると私のイメージしたウッドデッキだったので早速メールで気がかりな事項について質問をさせて頂きましたところ、迅速にそして丁寧に回答を頂き信頼できる企業であることを確信しましたその後、使用部材の材質等について幾度かメールや電話でやり取りしたのち「キットデッキハード アマゾンジャラ」の購入を決定しました。11月2日の朝、キットデッキの部材一式が配送されてきましたが各部材の梱包は相当な重量で配送の方が設置場所まで運ぶのも大変そうでした。早速、部材の内訳を確認したあと、添付のマニュアルを一通り読んで組み立てに取りかかりました。拙宅の場合ウッドデッキを設置する場所はタイル貼りのテラスの上で、レベルはほぼ水平、相当の荷重にも耐えられると判断し普通束仕様とし、合成ゴムシートで微調整することにしました。束石が無い分、束と大引の設置は比較的簡単で短時間(約1時間)で終えることができました。午後からは大引に床板を仮置きしてデッキの直角を確認し、床板と床板の間に付属のスペーサーを入れながら配置バランスを取っていきますが、最終的には目分量で調整することになりました。配置が決定した床板にビス打ちのための下穴と座堀り穴をインパクト・ドライバーで開けていきます。付属の「お試しセット」での練習の甲斐あってか、作業がスムーズに進み助かりました。初日の作業はこれまで。11月3日は床板のビス打ち作業です。昨日、ビス打ちのための下穴と座堀り穴の処理は済ませていましたが、ハードウッドのビス打ちは思った以上に大変でインパクト・ドライバーのバッテリー消耗が激しくかなり時間を費やしてしまいました。しかし、ハードウッドはそれだけ強固であると再認識させられ、耐久性に確信が持てました。すべての床板のビス打ちが終了したところで雨が降り出したため本日の作業はこれまで。11月4日は横の鼻隠しと前面の鼻隠しの取り付けを行いました。しかし既存のテラスパーゴラの支柱が障害となって鼻隠しの一部のビス打ちができなくなり、急きょビスの位置を変更せざるを得なくなりましたがどうにかそれもクリア・・・最後に手摺を取り付けてすべての作業が終了しました。ハードウッドは私の想像をはるかに超える硬さで、自分で切断等の加工は非常に難しいと感じました。その点「キットデッキハード」はすべての部材が切断加工されており、マニュアルに従ってこつこつ組み立てを行っていけば本格的なステキなウッドデッキが完成します。今回ウッドデッキの製作を本当に楽しむことができました。早速、愛犬がデッキ上に上がり、家族の者もリビングが延長されたと喜んでくれました。

下記のサイトからご購入できます。 それぞれの商品ページにリンクしています。
    

  • 事例紹介はコチラ
  • Wood Deck Showroom
  • ウッドデッキ倶楽部
  • カブログ
  • お客さまの声に投稿する

お問い合わせは中川木材産業へ

お電話でのお問い合わせ

072-361-5501
072-362-3341

インターネットでのお問い合わせ