home| アルバム| 2018年 6月| 5月| 4月後| 4月中| 4月前| 3月後| 3月中| 3月前| 2月後| 2月中| 2月前| 1月後| 1月中| 1月前|
2017年  12月後| 12月中| 12月前| 11月後| 11月中| 11月前| 10月後| 10月中| 10月前| 9月後| 9月中| 9月前| 8月後| 8月中| 8月前| 7月後| 7月中| 7月前| 6月後| 6月中| 6月前| 5月後| 5月中| 5月前| 4月後| 4月中| 4月前| 3月後| 3月中| 3月前| 2月後| 2月中| 2月前| 1月後| 1月中| 1月前|
2016年 12月後| 12月中| 12月前| 11月後| 11月中| 11月前| 10月後| 10月中| 10月前| 9月後| 9月中| 9月前| 8月後| 8月中| 8月前| 7月後| 7月中| 7月前| 6月後| 6月中| 6月前| 5月後| 5月中| 5月前| 4月後| 4月中| 4月前| 3月後| 3月中| 3月前| 2月後| 2月中| 2月前| 1月後| 1月中| 1月前|
2015年 12月後| 12月中| 12月前| 11月後| 11月中| 11月前| 10月後| 10月中| 10月前| 9月後| 9月中| 9月前| 8月後| 8月中| 8月前| 7月後| 7月中| 7月前| 6月後| 6月中| 6月前| 5月後| 5月中| 5月前| 4月後| 4月中| 4月前| 3月後| 3月中| 3月前| 2月後| 2月中| 2月前| 1月後| 1月中| 1月前|
2014年 12月後| 12月中| 12月前| 11月後| 11月中| 11月前| 10月後| 10月中| 10月前| 9月後| 9月中| 9月前| 8月後| 8月中| 8月前| 7月後| 7月中| 7月前| 6月後| 6月中| 6月前| 5月後| 5月中| 5月前| 4月後| 4月中| 4月前| 3月後| 3月中| 3月前| 2月後| 2月中| 2月前| 1月後| 1月中| 1月前|
2013年 12月後| 12月中| 12月前| 11月後| 11月中| 11月前| 10月後| 10月中| 10月前| 9月後| 9月中| 9月前| 8月後| 8月後| 8月前| 7月後| 7月前| 6月後| 6月前| 5月後| 5月前| 4月後| 4月前| 3月後| 3月前| 2月後| 2月前| 1月後| 1月前| 2012年 12月| 11月| 10月| 9月 8月  7月| 6月| 5月| 4月| 3月| 2月| 1月|  2011年  12月| 11月| 10月| 9月|
 花博ウッドデッキの/中川木材産業 2018年3月9日

昨日に続き万博の話です。
調査団の感触はよかったようですね。希望がでてきました。

さて28年前の大阪鶴見での国際花と緑の博覧会では11カ所の工事、納入を致しました。
大きな物件では政府苑(産業技術棟)ではスギの間伐材を利用したを3000種類のトラス材を納入。
メインデッキやグリーンミュージアムというパビリオンの1室を6ヶ月イベントとクラフト商品の販売を行いました。ここでは日本最大(芯までつまっているものとして)の丸太の輪切りの展示もしておりました。材質はダクラスフアーです。
施設提供として山すその辻の休憩所のデッキを施工しました。このおかげで花博のロゴマーク等か使えるようになりました。
ログハウスは当時の日本ログハウス協会の施設提供です。

facebook該当ページへのリンク

 リゾート博覧会のウッドデッキ/中川木材産業 2018年3月8日

今大阪では25年万博誘致の正念場です。望んでいます。 1970年にあった日本で最初の万博では、当社社長は日本万国博覧会協会の職員でした。 当時中川木材産業では創業以来の土木仮設材の仕事をしており、万博の建物の基礎工事として木杭や木矢板(もくやいた)などをゼネコンに納めておりました。仮設材ですので建物が完成すればこれらの木材はなくなってしまいます。 当時の中川藤一社長は、「完成して残る商品を持ちたい、見えないものは仕事のやりがいがない」とつぶやいたのを現社長は聞いたことがきっかけになりました。 大阪万博は大成功でした。そしてそこで働いていた現社長は様々な影響を受けました。 それからはイベントや博覧会に会社として参加、出展するようになりました。 ・神戸「神戸ポート博」(1980年-6ヶ月) ・淡路島「くにうみの祭典」(1985年-6ヶ月)では独立した木製品ショップを出展 ・・神戸「グリーンエキスボ」(1985年-3ヶ月) そごう館で木製品を販売 ・大阪「天王寺博」(1987年-3ヶ月) エクステリアを施設展示参加 ・大阪「花博」(1990年-6ヶ月)施設参加(寄付)と各種エクステリア工事受注、木製品ショップ運営。 ・和歌山「リゾート博」(1994年-6ヶ月)施設参加(寄付)と各種エクステリア工事を受注します。 ・そして最後は某テーマパークです。大型受注をしました。 写真はリゾート博です。 こちらでは会場のウットデッキのほとんどを企画設計しました。現社長が飛び込みで協会にデッキを売り込みに行きましたが、出された予算枠は当時の相場の半額でした。 協会はこれでダメならウッドデッキは諦めてコンクリートにするつもりでした。 社内に持ち変えると社員からの非難囂々、そんな価格では出来ないと。 そこで発想を変え、工事だけでなく、会期後回収して土木材として販売するようにしました。 おかけで協会の予算で施工でき、また当社も利益がでました。 現社長の個人フェイスブックにも関連記事があります。https://www.facebook.com/woodcojp

facebook該当ページへのリンク

 カポートデッキの/中川木材産業 2018年3月7日

今日はカーポートデッキの施工後10年の変化をご紹介します。 当社担当者は現場打ち合わせの帰りに以前の現場に立ち寄りました。 堺市K邸カーポートデッキ、2008年の施工です。 ちょっと逆光で真っ黒に見えますが、いい落ち着き具合です。 何も不具合は無いとのこと。確認させていただいたところ、全く問題なし。 床板もきれいです。あまり利用されていないのかな?と思うぐらいです。 笠木のすぐ下の横板は日陰になり濡れにくいので、まだ色が残っています。 ドロボウガードも健在です。 後付のレッドシダーの目隠しフェンスは、狙い通りウリンのシルバーグレーと違和感がなくなっています。 担当者の話では、 『これしかない』という施工方法でしたが、信じたとおり問題なく健在だったとのこと。 手前のフェンスには何かひっかけていらっしゃったんでしようね。 不自然に茶色が残っています。 コニファーもずいぶん大きくなりました。 そしてK邸のエントランスデッキ・ベンチ。 わんこ用と思しき衝立が置いてあります。 こちらもきれいに使って頂いていました。 当然といえば当然ですが、ビクともしないウリンデッキを確認することが出来ました。

facebook該当ページへのリンク

 ウッドデッキの/中川木材産業 2018年3月6日

今日は、忙しい担当者の施工例をご紹介します。 施工例は滋賀県米原市にあるお宅のウォールフェンスです。 造園業者さまの下請け工事です。 現場までは2時間半ほどかかるそうです。 同じ造園業者さまから彦根市、湖北町と同時に3現場のご注文を頂き、工程を調整してもらって2泊3日で3現場をこなすという、プロ野球のような日程です。 和風住宅の門柱の両サイドにウォールフェンスを施工します。 型枠にコンクリートを流し込んだ基礎。柱を立てる部分に「ボイド」という紙でできた筒を入れておき、コンクリートが固まると、これを抜きます。今回はアルミ角パイプの柱を立てます。 打ちっぱなしの門柱の無機質感を和らげるウォールフェンス。パイン系の色を塗っています。 木材はウエスタンレッドシダー。 確か施工後4ヶ月ぐらいの時、近くに寄った際に撮影したものだそうです。 高さは擁壁天端から1085mm、高いほうは1550mm。 柱はアルミ角パイプ、アルマイト処理されています。 フェンスの高さ、板の目地の大きさ、立地条件などから太さを選定します。 ウォールフェンスは隣地境界に施工することが多いですが、こういう使い方もおもしろいですね。

facebook該当ページへのリンク

 ウッドデッキの/中川木材産業 2018年3月5日

今週もよろしくお願いいたします。 今日は当社の『専務ベンチ』ご紹介致します。 当社の専務が開発したウッドデッキ用のテスリとベンチを兼用した構築物です。 デッキ用の付属物はさまざまなものが施工されていますが、思いつき型のものが多く、耐久性、力学構造などが十分なものが少ないのが現状です。 当社の場合は屋外用の構築物を専門に40年の経験がありますので、こなれています。 以下担当者の言葉です。 デッキ端部ギリギリで腰を掛けられるこの備え付けベンチは、 これぐらいの出幅のウッドデッキで最も効果を発揮します。 無駄なく至ってシンプルな構造は、ベンチ裏側からでも絵になるデザインになります。 特許であるハイテンションジョイントによる脚の固定は、シンプルかつ強固です。 座板トメ部の構造も機能美を心がけました。 背もたれはマグカップカウンターとしても機能するちょうどいい高さです。 背もたれ、座板、デッキ、ステップのレイヤー美! お茶をしながらお庭で遊ぶ子どもを見守る家族の風景が見えてきそうです。 ステップとベンチの間はあえてあけています。 大人が腰掛けるのにちょうどいい高さになっています。 なにかにつけてちょうどいいウッドデッキに仕上がったと思います。

facebook該当ページへのリンク

 ウリンデッキ/中川木材産業 2018年3月2日

今日は当社設計施工のウリンデッキをご紹介致します。 芦屋市K様邸です。 お庭はとても広いです。 掃き出し窓2面をカバーする間口というご希望以外は、ほぼノープラン状態でしたが、 立水栓の位置と広いお庭との距離感だけを頼りに考えました。 担当者いわく、 一回目のご提案でそのままあっさり採用されましたので、 逆に「本当にこれでいいんですか?」という不安がありましたが、 額面通りに受け止めて良かったようです。 ステップはお庭方向と立水栓方向への動線を考えて、床下構造が無駄なくちょうどいい寸法で配置しました。 広めのステップは庭へ降りる煩わしさを和らげ、距離感を縮める手助けになります。 ステップの床板は長手方向に貼り、角はトメにするのが基本です。 なにかにつけてちょうどいいウッドデッキに仕上がったと思います。

facebook該当ページへのリンク

 ウッドデッキ/中川木材産業 2018年3月1日

おはようございます。今日はお客様が製作されたウッドデッキ(キットデッキ)をご紹介します。組み立て途中の写真とお客様の体験談です。以下茨城県Tさん体験談です。 束石は注文時点で仮設置してありましたので材料到着後は水平だけ確かめてすぐに組み立てを開始しました。下穴を十分にあけるなど慎重に施工したことと、サッシとの取り合いで鼻隠しの端部を切り落としたりの作業がありましたが組み立てマニュアルもわかりやすく特に問題なく施工できました。インパクトはアドバイスを参考に思い切って135kNのものを購入しました。途中で片側の四角ビットが欠けましたが残ったビットで最後まで大丈夫でした。一人で全て施工しましたが最後のサンドペーパーがけと並行して自作した階段(レッドシダー)まで含めて所要時間は1.5日です。出来映えには大変満足しています。特にウリンの質感と木肌はすばらしくレッドシダーの階段を作りながら両者を比べることになりましたがその差は歴然です。

facebook該当ページへのリンク

 万博お祭り広場/中川木材産業 2018年3月9日

*昨日に続き万博の話です。 調査団の感触はよかったようですね。希望がでてきました。 当時の仕事場であるお祭り広場の写真をUPします。 夜間のイベントです。カナダの騎馬隊の時はお祭り広場に高さ40センチぐらいの土を入れました。これには驚きました。たつた1日のためですから。

facebook該当ページへのリンク

 大阪万博お祭り広場/中川木材産業 2018年3月8日

25年万博誘致の正念場ですね。BIE調査団の会見が今日あるのではと思います。 また大阪で開催して欲しいです。 というのは1970年にあった日本で最初の万博では、私は日本万国博覧会協会の職員でした。 会期前後で約1年間働きました。 そしてとても大きな影響を受け、その後の人生は大きく変わりました。 当時の仕事場は 事業第一部の製作3課というところで、お祭り広場の楽屋担当です。 私たちのトップは鈴木俊一さんで後に東京都知事になった人です。直属の上司は金本さんといい、 島倉千代子さんや田宮二郎さんのマネジャーだった方で京都から通われていました。 職場で私はとてもかわいがられました。一番の年少でしたから。 楽屋の仕事というのは芸能界の仕事です。 当時の国内、海外の有名芸能人やお祭り広場に参加する一般の人たちのお世話、楽屋の世話係などをしていました。 万博については様々な思いがありますが、春までの間写真とともに自分の記録としてUPしょうと思います。 会社も強い影響を受けています。会社と万博の投稿は会社公式Facebookページにupしました。https://www.facebook.com/wood1911/ 写真はお祭り広場の催しのいくつか。

facebook該当ページへのリンク

 通勤途中の花/中川木材産業 2018年3月7日

今朝の通勤途中、いつもの小道で昨日のクリスマスローズの近くに咲いていました。同じ仲間の花かもしれませんね。

facebook該当ページへのリンク

通勤途中の花クリスマスローズ /中川木材産業 2018年3月6日

おはようございます。今朝の通勤途中、いつもの小道で、いつものクリスマスローズを見ながら通りレ過ぎようとしました。でも何か違います。 上を向いている花がひとつあったです。この花はみんな下向きだと思っていたものですから、めずらしいと思って撮りました。 普通の花、これから開く花、上向きの花の3つです。 まだ風は冷たいですね。 *

facebook該当ページへのリンク

 ウメ/中川木材産業 2018年3月5日

おはようございます+今週もよろしく。 「春よ こんにちは」です。 自宅のウメが咲き出しました。 アンズ、モクレンもつぼみが膨らみ初めています。

facebook該当ページへのリンク

さくら公園 /中川木材産業 2018年3月2日

おはようございます。3日つづけでの公園の池で恐縮です。 自宅から歩いて1分のところ、何年も通り過ぎていた公園ですが、レンズを向けたのは3日前です。 レンズを通しての水面は別世界のように見えます。 普通の公園の樹木を夜に撮影すると妖精が出てきそうなおとぎの国になるのといっしょですね。 あらたな発見にちょっぴり嬉しく思いました。 それに今朝はカルガモがいました。家内は夫婦でいると話してましたが、一羽だけです。 写真にとるのは難しいです。*

facebook該当ページへのリンク

 さくら公園/中川木材産業 2018年3月1日

おはようございます。 昨日通勤前に立ち寄った公園に、昨晩帰宅途中に再度立ち寄りました。 自宅から3分ほどの距離なので、これからも利用できそうです。 今年もカルガモが夫婦で戻ってきたと家内から聞きました。 夜10時頃

facebook該当ページへのリンク